MENU

みずほ銀行の住宅ローン

みずほ銀行の住宅ローンについて紹介していきたいと思いますが、みずほ銀行の住宅ローンというのは色々な種類があります。みずほ銀行の住宅ローンはまずは普通の住宅ローン、そして借り換えを考えている人の住宅ローン、買い替えローンなどもありますし、不動産担保型の多目的ローンもあります。みずほ銀行の住宅ローンにはいろいろな種類がありますから自分が該当する住宅ローンに申し込んでみるといいですね。ここで普通の住宅ローンについて紹介したいと思います。

 

みずほ銀行の住宅ローンでは、金利方式は三つあります。変動金利、上限金利設定、固定金利選択の三つがあり、住宅ローンの変動金利は、年に二回金利の見直しがあるというもので上限金利設定というのは、上限金利以下の決められた範囲内で金利が変動することになっています。そして固定金利選択は選んだ機関だけ固定金利になるというもので最長で20年金利が固定されるというタイプの住宅ローンです。みずほ銀行の住宅ローンにはこのように金利方式が三つありますから、自分の生活環境に合わせたり、金利の動きに合わせてそれぞれ金利方式を選ぶことができますので無理なく住宅ローンの返済ができるのではないでしょうか。

住宅ローンの保障

住宅ローンの保証人についてですが、住宅ローンの保証人というのは、住宅ローンを借りていたのに、お金を返すことができなくなってしまったときに、その人の代わりにお金を払わないといけない人のことをいいます。住宅ローンの保障品には普通保障品と連帯保証人がありますから確認してみましょう。まず住宅ローンの普通保証人というのは、返済できなくなったときに保証人に請求を求めた場合でも財産の差し押さえなどをして強制執行をしてもらって保証人が住宅ローンを払わなくてもいいようにできます。

 

しかし住宅ローンの連帯保証人の場合には、一切それらがないですから連帯保証人が住宅ローンを支払っていかなければいけないことになります。最近は連帯保証人の代わりとして住宅ローンを組む際に保険会社が保証人になることもあります。その場合には保険会社に保証料を支払わなくてはいけないことになって場合によっては50万円以上も支払わないといけない場合もあるといわれています。もしも住宅ローンを支払えなくなって保険会社が支払うことになっても住宅ローンが消えたわけではなくて、住宅ローンの支払いを保険会社が変わりにしただけで結局は次は保険会社に返済していかないといけないことになるということには変わりありません。

住宅ローンのフラット35

 

住宅ローンのフラット35について紹介したいと思いますが、住宅ローンで今注目されているのがフラット35です。住宅ローンというのは、長い期間をかかって返済していきますから返済終了まで金利が変わらずに返済額が増えることがないという長期固定金利の住宅ローンは安心できますよね。それが住宅ローンのフラット35という商品です。今までは住宅金融公庫でしかフラット35は組めなかったのですが、民間の金融機関でも5年ほど前からフラット35の住宅ローンを組むことができるようになりました。

 

何と言っても住宅ローンのフラット35のメリットといえば最長で35年の長い住宅ローンの金利を固定できるという面でしょうか。やはりトータルでいくら住宅ローンを35年間の間に払い続ければいいのかわからない変動金利に比べると住宅ローンを組んだ日から35年間金利がいっしょなわけですからということは、将来トータルでいくら住宅ローンを支払わなければならないのかがわかるわけです。返済のトータルが分かっているだけで将来の住宅ローンの返済計画が立てやすくなりますよね。将来の住宅ローンの金利アップにおびえることなく住宅ローンを組むことができるというのが、住宅ローンのフラット35です。

 

チェックツール


 

登録サイトのデータ更新と検索


 

 

最新登録サイト表示

#サイト名PRリンク

TOP紹介サイト

#サイト名PRリンク